space

広島県尾道市の千光寺山にあるお寺/千光寺/文学のこみちは千光寺が便利です

千光寺物語
space
千光寺のご案内

玉の岩との不思議な因縁「大師堂」

山中善一氏の夢枕に誘われ、弘法大師本尊をお祀りするために建立された大師堂(だいしどう)。尾道の古名『玉の浦』や千光寺にまつわる伝説『玉の岩』にも不思議な因縁を覚えます。
千光寺のご案内
千光寺
各種ご案内
尾道観光案内
 ホーム > 千光寺のご案内 > 大師堂(だいしどう)
space
千光寺のご案内へ戻る
大師堂(だいしどう)

千光寺玉の浦大師の由来によると『当弘法大師尊像はかって霊場高野山に安置せられ、あまたの信者達、日夜に広大無辺なる御恩徳をお授けしつつありましたが、或夜侍僧に「吾、高野を立ち出でて西方玉の浦に赴き衆生を済度せん」との霊夢を下し給い、世にも不思議なる話と伝えられておりました。

歳経て、当地篤信者、山中善一氏の夢枕にお大師様がお立ちになり、千光寺に弘法大師奉安の儀を発願し尊厳崇高なる御尊像を捜し求めつつありしに、はからずも此の尊像を御迎えすることになったのであります。

旧名を玉の浦というこの尾道でしかも往昔夜光の宝珠が輝いていたと言う玉の岩の下に此の尊像を奉安することは誠に不思議な因縁によるものと言うべきでありましょう。

大師堂(だいしどう)
大師堂(だいしどう)
ページ先頭へ戻る

【 中国観音霊場第十番札所 千光寺 】
〒722-0033 尾道市東土堂町15-1  TEL:0848-23-2310

CopyRight Senkouji-temple 2006 All Rights Reserved.