space

広島県尾道市の千光寺山にあるお寺/千光寺/文学のこみちは千光寺が便利です

千光寺物語
space
千光寺のご案内

尾道で最も有名な「玉の岩」伝説

尾道の地名にも深く関係している千光寺の『玉の岩伝説』。その昔烏帽子岩の頂にははるか遠くを照らす“宝玉”があったと伝えられています。
千光寺のご案内
千光寺
各種ご案内
尾道観光案内
 ホーム > 千光寺のご案内 > 玉の岩(たまのいわ)
space
千光寺のご案内へ戻る
玉の岩(たまのいわ)

玉の岩または烏帽子岩と呼ばれ、周り五十米、高さ十五米あり、当山第三の巨岩で、これには次のような伝説があります。

往古この岩上に如意宝珠あり、夜ごとに異光遥かに海上を照らす、しかるに異国人来たりてこの山に登り、寺僧に向かって、我に金あり、汝これを与えるにより、この大石を我に与えよと、寺僧それに答え、売ることはできぬがこの大石を買いて何にするかとあやしむに、異国人は、この僧が岩上に宝石のあるを知らぬことを確かめ、心中欣び、ひそかにこの大石に登り美玉を奪い去りたり』と。

伝説ショートムービーはこちら

今でもこの大岩の頂に直径十四センチ、深さ十七センチの穴がありますが、この穴が光を放つ宝玉があった跡だといわれています。

この山を大宝山といい、寺を千光寺、港を玉の浦と言い古されたのも、そのゆかりはこの伝説にもとづくものであります。
現在は岩の頂に宝玉の代わりに玉が置かれ、夜になると三色に輝きます。

玉の岩(たまのいわ)
玉の岩(たまのいわ)
ページ先頭へ戻る

【 中国観音霊場第十番札所 千光寺 】
〒722-0033 尾道市東土堂町15-1  TEL:0848-23-2310

CopyRight Senkouji-temple 2006 All Rights Reserved.