space

広島県尾道市の千光寺山にあるお寺/千光寺/文学のこみちは千光寺が便利です

千光寺物語
space
千光寺のご案内

いつも穏やかな顔の「大山智明大権現」

「ニコニコ地蔵」の名前の通り、いつも穏やかな表情を見せている“大山智明大権現”が祀られるのが「大仙堂」(だいせんどう)。近年ではミニ地蔵も加わってより“にこやかさ”が増してきました。
千光寺のご案内
千光寺
各種ご案内
尾道観光案内
 ホーム > 千光寺のご案内 > 大仙堂(だいせんどう)
space
千光寺のご案内へ戻る
大仙堂(だいせんどう) 平成7年(1994年)再建

大山智明大権現は鳥取の大山寺の御本尊、地蔵菩薩のことで、その御分体ががここに祀られています。

昔は人が死ぬとその魂は大山へ留まるという信仰があり、大山へお参りできない人は、この大仙堂を参拝していました。

当山の大山智明大権現は表情が非常におだやかで「ニコニコ地蔵」と呼ばれみんなに親しまれています。

大仙堂(だいせんどう)
大仙堂(だいせんどう)
ページ先頭へ戻る

【 中国観音霊場第十番札所 千光寺 】
〒722-0033 尾道市東土堂町15-1  TEL:0848-23-2310

CopyRight Senkouji-temple 2006 All Rights Reserved.