space

広島県尾道市の千光寺山にあるお寺/千光寺/文学のこみちは千光寺が便利です

千光寺物語
space
千光寺のご案内

千光寺名物の一つ、「カチカチ数珠」があるお堂

その名の通り“33体の観音様”が祀られています。お堂の正面には桜木で造られた百八煩悩滅除大念珠が下げてあり、幸せを念じながらゆっくりと引きますと珠が上から落ちてカチカチと音がします。
千光寺のご案内
千光寺
各種ご案内
尾道観光案内
 ホーム > 千光寺のご案内 > 三十三観音堂(さんじゅうさんかんのんどう)
space
千光寺のご案内へ戻る
三十三観音堂(さんじゅうさんかんのんどう) 寛保3年(1743年)

関西一円の西国観音霊場の各札所の御本尊、観世音菩薩33体が祀られ、ここにお参りすると西国観音霊場を巡拝したのと同じ功徳があると伝えられています。

お堂の正面には桜木で造られた百八煩悩滅除大念珠が下げてあり、幸せを念じながらゆっくりと引きますと珠が上から落ちてカチカチと音がします。この音で苦しみの根源である煩悩を打ち消して、観音様の御守護が頂けると言われています。

天井には勇壮な龍の絵が描かれています。

三十三観音堂(さんじゅうさんかんのんどう)
三十三観音堂(さんじゅうさんかんのんどう)
ページ先頭へ戻る

【 中国観音霊場第十番札所 千光寺 】
〒722-0033 尾道市東土堂町15-1  TEL:0848-23-2310

CopyRight Senkouji-temple 2006 All Rights Reserved.