space

広島県尾道市の千光寺山にあるお寺/千光寺/文学のこみちは千光寺が便利です

千光寺物語
space
千光寺のご案内

別名ポンポン岩、みなさんもぜひ一度。

大阪城築城の際に尾道からも巨石が使われました。今でも千光寺山界隈の巨石には“楔(くさび)”の跡が多数見られ、当時の姿を思い知ることができます。
千光寺のご案内
千光寺
各種ご案内
尾道観光案内
 ホーム > 千光寺のご案内 > 鼓岩(つづみいわ)
space
千光寺のご案内へ戻る
鼓岩 (つづみいわ)

鼓岩は別名ポンポン岩と呼ばれ、岩の上を石で打つと「ポンポン」と鼓のような音がします。
右側の岩の傷は大阪城築城の時、石垣材として搬出すべく割りかけたノミの跡といわれています。

千載の昔から、あまたの人々が千光寺山の景観を探賞したでありましょうが、その人たちも一度はこの岩の上で、小石を手にしてこの岩の鼓をたたいてみたことでしょう。
そしてこの空洞の音を耳にして、千載万古の神秘な謎に、心を無限の昔に馳せたことは、今も昔も変わりなかったことと思います。

そして大自然の無量寿の前に人間の一生の泡沫の如きはかなさを感じたことでしょう。

鼓岩 (つづみいわ)
鼓岩 (つづみいわ)
ページ先頭へ戻る

【 中国観音霊場第十番札所 千光寺 】
〒722-0033 尾道市東土堂町15-1  TEL:0848-23-2310

CopyRight Senkouji-temple 2006 All Rights Reserved.