space

広島県尾道市の千光寺山にあるお寺/千光寺/文学のこみちは千光寺が便利です

千光寺物語
space
千光寺のご案内

千光寺公園発祥

千光寺公園の発祥にまつわるお話です。今は日本桜百選のひとつに数えられ、桜の季節は多くの花見客で賑わう『尾道千光寺公園』のルーツを探ってみました。
千光寺物語
千光寺
各種ご案内
 ホーム > 千光寺物語 > 千光寺公園発祥
space
千光寺公園の発祥伝
space

千光寺を含む千光寺山一帯は“千光寺公園”といわれています。

明治27年千光寺住職多田實圓和尚は尾道市内に遊園地の少ないことを憂い、併せて当山の参詣者誘致のため公園の設置を企画し、檀家総代および有志と相計り、同年4月11日寺領の畑・山林・宅地、計1,347坪をもって公園敷地に充当し起工に着手、以後協力者の献身的な奉仕のもと、長年の歳月と巨額の篤志金を投入して共楽園を完成。

明治36年2月24日寺領の共楽園敷地を尾道市に寄附し、後に『千光寺公園』と改称され今日に至る。
(現在千光寺所有地のうち約一万坪は公園敷地として尾道市に管理を委託しております。)




space
 
ページ先頭へ戻る

【 中国観音霊場第十番札所 千光寺 】
〒722-0033 尾道市東土堂町15-1  TEL:0848-23-2310

CopyRight Senkouji-temple 2006 All Rights Reserved.